本文

妙瀧寺 > 霊の種類

霊の種類について

霊に取り憑かれるとどうなるか

憑依とは、生き霊や死霊に乗り移られたり取り憑かれたりしている状態のことをいう。

憑依された人は、行動、感情のすべてまたは一部が支配されることがある。

霊に憑依される理由は、対象者と何らかの因果関係が存在する。しかし、霊との波長が合わない人や相性が合わない人に取り憑くことはない。

最初は、霊に付きまとわれることから始まる。この段階では、まだ取り憑かれてはいないものの身近なところに霊が付き従っているために、何らかの霊障が起こり始める。

霊感を持たない場合にはそれに気づくことが難しい、霊能力のある人が身近にいれば気付いてもらうこともできるであろうが、霊の側でも相性が合わないと離れて行ったりで、結果的に憑依の段階まで行かないケースもある。

霊の持つ力が強い場合や憑依される側の精神状態が弱っている場合には、憑依される可能性はより高くなる。

一旦、憑依されてしまうと身も心も乗っ取られてしまうことがある。こうなると自分自身では成す術がない。本来の人格が失われてしまう危険な状態となるケースもある。

霊に取り憑かれやすい霊媒体質の方や、普段は、霊的感応を持たない人であっても、霊との波長が合うだけで取り憑かれるケースも存在する。

しかし、憑依されている本人は自分が憑依されていると気付きにくいため、周囲の助けが必要となる。

たとえばあなたの周りに人格や性格が大きく変化したり、病院に行っても原因の分からない体調不良や長引く精神疾患で悩んでいる人がいれば、注意して観察し、必要に応じて専門家に相談していただきたい。


霊の種類について


【死霊、精霊、生き霊、怨霊、悪霊、浮遊霊、動物霊、地縛霊、地霊、守護霊、指導霊、御霊、騒霊、背後霊、神霊、色情霊、水子霊、先祖霊、憑依霊】


憑依セルフチェック


  1. 治療を受けても改善しない体の不調がある(睡眠障害、倦怠感、腰痛、頭痛、耳鳴り、等)
  2. 病院にて、原因不明、ストレス、更年期障害などと診断された体の不調がある
  3. 精神状態が不安定、無気力、やる気が出ない
  4. 自分の身の回りに不運や不幸が続く
  5. 人相が変わったと言われる
  6. 自分の家系に自殺者がいる
  7. 自分の家系にニートや引きこもり、精神疾患の者がいる
  8. 自分の家系に病気の者が多い
  9. 家の中でラップ音、足音、話し声が聞こえるなどの不思議な現象が起きる
  10. 過去に霊をみたり、不思議な体験をしたことがある

以上の10項目の質問にYesかNOでお答えください
3っ以上、Yesがある場合は霊の憑依がある可能性があります

関西(大阪・神戸・京都)お祓い・除霊(浄霊)相談・霊視鑑定・霊障相談なら「妙瀧寺」