霊視を受ける際に知っておきたい基礎知識と本物の鑑定士を見極めるポイント


霊視鑑定に来られる方は、みなさんが今の生活環境やご自身の健康などに大きな悩みを抱えておられます。病院やカウンセラーなど、あらゆる相談にも解決策がなく、すがるような気持ちでいらっしゃる方ばかりです。それゆえに、相談者様に真実をお伝えする霊視鑑定には、非常に重要なつとめがあります。

しかし、残念ながら「霊視鑑定」を謳う霊能者の全員に霊視の能力があるというわけではありません。霊視鑑定と称して、高い金額を請求したり、高い商品を買わせる「霊視商法」もあとを絶ちません。もちろん、そのような偽物の霊視鑑定では、真実を見ることはできず、相談者様の悩みの解決につながりません。

そこで、ここでは霊視を受ける際に知っておきたい基礎知識と本物の鑑定士を見極めるポイントをご紹介します。霊視鑑定を受ける際のご参考になさってください。

霊視とは守護霊の代わりとなってあなたに大切なメッセージを伝えること

鑑定士が行う霊視とは、相談者様の守護霊にコンタクトすることを言います。守護霊と言っても、ただあなたを守ってくれる都合の良い存在ではありません。高次元からあなたを見守り、人生を切り開くためのメッセージを与えてくれる存在です。

あなたが人生に対して前向きになり努力を重ねている間は、そのメッセージを素直に受け止めることができ、良い方向へと進むことができます。しかし、何らかの原因で正しくメッセージを受け取れなくなることがあります。そんな時に、守護霊にコンタクトを取り、守護霊の代わりとなってあなたに大切なメッセージを伝えるのが霊視です。

霊視はどのような悩みを持つ人に適している?

霊視鑑定は誰が受けても良いのですが、悩んでいるからとなんでもかんでも霊視鑑定をしていては、相談者様の負担が大きくなってしまいます。ですから私は、このような方々に霊視鑑定をおすすめしています。

  • 体調が悪いが、病院では「原因不明」とされた方
  • 病院に通院しているのに疾患が長引いている方
  • ある時を境に、突然仕事や恋愛、家庭がうまくいかなくなった方
  • 周囲の人に事故などのトラブルが相次いでいる方
  • 特に理由もなく、無気力な状態に陥ってしまう方

ご自身の力で解決できることであれば、それは今後の人生のためにも、ご自身で頑張っていただくほうが良いのです。ですが、原因がはっきり分からない場合や悪い状況が長引いている場合、またご自身の力では解決できない場合には、ぜひ霊視鑑定を受けていただきたいと思います。

本当の霊視ができる鑑定士の特徴

霊視を行うための霊能力は、その程度に差こそあれ、誰しもが持ち合わせている能力です。ただ、その能力を受け入れる心があるかどうか、またそれに気づくことができるかどうかが重要なポイントです。霊界に対して疑いの気持ちや偏見を抱いている人には、霊視ができません。逆に、下記のような人は霊界への偏見がなく、霊視能力に優れた人が多いと言えます。

  • 霊能者の家系に生まれ育った人
  • 霊能力を高めるために修行を積んだ人
  • 臨死体験をした人

しかし、こうした経歴や経験を詐称している人も少なくありません。また、上記のような人の中にも、強い能力を持つ人と、霊視能力の弱い人がいることも覚えておいたほうがよいでしょう。

では、霊視ができる鑑定士を選ぶには、どこを見て判断すれば良いのでしょうか。

本物の鑑定士を見極めるには

第一印象を確認する

本物の鑑定士には、鑑定士自身に高級霊が味方についています。そのため、徳が高く、周囲を包み込むようなオーラをまとっています。本当の霊視能力を持つ鑑定士を目の前にすれば、なんとなく「感じが良い」「やさしい」という印象を受けるはずです。

逆に、霊視能力が弱い人の場合は高級霊の後ろ盾がないため、徳の高さやオーラを感じることはありません。第一印象が悪い場合や表情からとげとげしい感情を受ける場合、波長が合わないと感じる場合は、霊視の依頼をやめたほうが良いでしょう。

料金をチェックする

本物の鑑定士は、霊能力を自身のお金儲けのためではなく、人のため使おうと考えます。商品を買わなければ悩みが解決しないと言われた場合は一度考え直してみてください。ただ、安いほど良いというわけでもありません。大切なのは、霊視を受ける前に料金を明確に提示してもらえること。そして、その料金にご自身が納得されることです。

話し方やその内容をチェックする

徳の高い鑑定士は、常に相談者の気持ちに寄り添ってくれるものです。相談の段階で、偉そうな口調で話したり、「このままでは危険」などとおどすようなことを言ったりする人はおすすめできません。話せば話すほどあなたの気持ちが落ち込んでしまいます。


鑑定士の第一印象や相談料金などの情報は、インターネットからも得ることができます。依頼をする前に、顔写真やその人が書いた文章、料金などを確認して、その上で「霊視を受けたい」と思える人に依頼することをおすすめします。

霊視のあとに

先に述べましたように、霊視とは相談者様に守護霊からのメッセージをお伝えするものです。ですから、霊視鑑定だけでは悩みを解決することはできません。メッセージに従って、解決するための対処が必要となります。その方法は霊視鑑定を行う人によって異なり、ヒーリングやオーラ調整、除霊、浄霊など様々な種類があります。

鑑定士にも得意・不得意がありますから、どれが良いということはありません。ご自身が受けたい方法を選ぶのが一番良いでしょう。「この人に霊視をお願いしたい」という鑑定士が見つかったら、その方のホームページやブログをチェックして、霊視の後の対処方法が納得できるものかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

霊視で最も大切なこと

霊視鑑定で伝えられるのは、あなたを幸せな未来に導くヒントです。

もし、あなたご自身の中に疑いや不安など霊視を受け入れない気持ちがあれば、メッセージも意味がなくなってしまいます。今抱えている悩みや不安をなくし、少しでも幸せな状態になるためにも、ぜひメッセージをまっすぐに受け入れる心で霊視を受けてほしいと思います。

関西(大阪・神戸・京都)霊のお祓い・除霊(浄霊)相談・霊視鑑定・霊障相談なら水野 行清へ