スピリチュアルカウンセラーに相談したいと思った時にスピリチュアルカウンセラーを選ぶポイント


心身に不調を感じた時、また仕事や家庭、恋愛などにおいてトラブルが続いた時、スピリチュアルカウンセラーに悩みを相談したいと思う方も多いのではないでしょうか。

インターネットで調べていただくと分かりますが、スピリチュアルカウンセラーは日本中に数多くいます。そこから自分に合った一人を探し出すことは思いのほか、大変です。相談に行ったけれど、「緊張して話ができなかった」とか「法外な金額を請求されてしまった」という話もよく聞きます。

ここでは、スピリチュアルカウンセラーを選ぶ際に注意していただきたいポイントについていくつかご紹介します。参考にしていただき、ぜひ、ご自分に合ったカウンセラーとの出会いの一助にしていただければと思います。

スピリチュアルカウンセラーとは守護霊や守護天使、ハイヤーセルフなどの高次な存在にアクセスし私たちにメッセージを伝えてくれる人

守護霊や守護天使、ハイヤーセルフなどの高次な存在にアクセスし、その存在からのメッセージを相談者に伝えることで悩みを解決に導く人のことをスピリチュアルカウンセラーといいます。

日々の生活の中で、霊的な存在は常に私たちにメッセージを発しています。しかし、私たちの心身状態によっては、それらを受け取ることができないことがあります。特に深い悩みがある時には、マイナスの感情に邪魔をされ、メッセージを受け取りにくい状態に陥っています。そんな時、スピリチュアルカウンセラーが私たちに代わってメッセージを受け取り、アドバイスしてくれるのです。

スピリチュアルカウンセラーを選ぶポイント

スピリチュアルカウンセラーは、SNSやブログで自らの考えを発信していることが多いです。まずは下記のようなポイントを参考に、その文章を読んでみてください。

ネガティブな発言をしない

高位の存在は、相談者に対して愛を持っています。ですから、そのメッセージも前向きであたたかいものです。たとえ叱咤する内容であっても、その奥には必ず愛情があります。

もし、スピリチュアルカウンセラーが「◯◯しなければ不幸になる」とか「霊が怒っている」など、強迫観念を植え付けるようなネガティブなメッセージを発信していたら、それは低級霊が高次の存在になりすまして送った偽物のメッセージである可能性が高いです。スピリチュアルカウンセラー自身も低級霊に騙されているということです。

個人的な情報をあれこれ聞き出さない

スピリチュアルカウンセラーは、高次の存在からのメッセージを伝えることが本来の仕事なので、相談者が何も言わなくてもその悩みに対して適切なアドバイスを伝えることができます。

カウンセリング時に、悩みについてあれこれ聞き出したり、家族構成や仕事状況などの個人情報を聞き出そうとするなら、それは霊視に自信がない現れかもしれません。

メッセージを伝えた後もしっかりフォロー

メッセージを伝えただけで、その後のフォローを何もしないのではれば、それは優秀なスピリチュアルカウンセラーとは言えません。メッセージをもとに、相談者が今後どのように考え、行動すれば悩みが解決するのかを共に考え、この先の道を探すこともまた、大事な仕事です。霊的な能力が高くても、カウンセリング力の低いスピリチュアルカウンセラーには相談しないほうが良いでしょう。

資格に左右されない

スピリチュアルカウンセリングには、スピリチュアルカウンセラー養成講座や認定試験など、さまざまな資格検定があります。実際に講義や実践練習を行うものなので、資格を持っているカウンセラーは、ある程度の勉強をしていると言えます。ただ、それをビジネス戦略の一つとして取得している人もいます。資格の取得自体は良いとも悪いとも言うことはできませんが、スピリチュアルカウンセラーの能力は資格で測ることができるものではありません。資格があるから安心、とは考えないほうが良いでしょう。

有名だから能力が高い、というわけではない

多くの相談者が集まるスピリチュアルカウンセラーだからといって、必ずしも能力が高いとは言えません。開業するにあたって集客する力は必要ですが、霊能力の高さと直結するものではありません。ビジネスの手法に慣れていないだけで、あまり知られていないカウンセラーでも能力が高い方はたくさんいます。逆に、集客が上手でビジネスとして成功しているカウンセラーでも、見せ方が上手なだけで実際のスキルはそれほど高くないという可能性もあります。

何度受けても悩みが解決しない

スピリチュアルカウンセリングは、回を重ねるごとに相談者の意識が前向きに変わっていくものです。いずれ、セッションを受けなくても自分で考え、解決することができるようになるのが、本来のスピリチュアルカウンセリング。もし、何度セッションを受けても悩むばかりで、それどころか「カウンセリングを受けないともっとひどい状況に陥ってしまう」という強迫観念を抱いてしまうのであれば、それは洗脳に似たような状態です。カウンセリングを受けるのをやめましょう。

スピリチュアルカウンセラーを選ぶときに重視すべきポイント

これまでは、スピリチュアルカウンセラーを選ぶ上で注意したほうがよいポイントについてお話しました。では実際に選ぶ時に、何を決め手にすればよいかと言うと、やはりスピリチュアルカウンセラーの言葉の印象や雰囲気から、ご自身が「何を感じるか」が一番大切です。下記のような印象を受けるなら、一度セッションを受けてみるとよいのではないでしょうか。

しっかりと話を聞いてくれる人である

自分の考えやうんちくを長々と話すのではなく、相談者の話を聞いて、その気持ちに寄り添ってくれる人が良いでしょう。そのようなスピリチュアルカウンセラーなら、ご自身の悩みを、緊張せずにありのままお話できるはずです。

自分のことを自慢したり偉そうにしたりしない

相談者よりも自分のほうが立場が上であるという意識のあるスピリチュアルカウンセラーよりも、「一緒に解決方法を探しましょう」という姿勢の人のほうが相談しやすいはず。納得できる解決方法へと導いてくれます。

料金が適正である

セッション料金が法外に高い場合は避けた方が良いことはもちろんですが、あまりに安い料金の場合も、自分のスキルに自信がないためかもしれません。いくつかを比較して、納得できる範囲の料金のカウンセリングを受けることをおすすめします。

ホームページや広告から受ける印象が、そのままカウンセラーの能力や人柄を表しているとは必ずしも言えないため、最終的にはセッションを受けてみなければ分からない、というのが現実です。しかし、その人の言葉に触れて、穏やかな気持ちになれるとかリラックスできるというような、プラスの感情が生まれたなら、それはあなたに合うカウンセラーである可能性が高いです。

「自分らしく話ができそう」と感じられる人に、相談してみてはいかがでしょうか。

関西(大阪・神戸・京都)霊のお祓い・除霊(浄霊)相談・霊視鑑定・霊障相談なら水野 行清へ